妊活中の女性に対して、厚生労働省が

妊活中の女性に対して、厚生労働省が、積極的な葉酸の摂取を求めています。
葉酸はビタミンの一種で、胎児の細胞分裂を促す効果があります。そのため、妊娠初期に葉酸が欠乏してしまうと、胎児の細胞分裂が正常になされずに、神経管閉鎖障害などの異常があらわれる危険性があります。細胞分裂は、一般的に妊娠に気付きにくい受胎時から既に始まっています。
この時の細胞分裂が正常になされるようにするためにも、妊娠前から妊娠初期にかけての期間は、普通の食生活で賄われる葉酸にプラスして、1日400μg(0.4mg)を目標に、葉酸の摂取を心がけてください。
サプリや栄養補助食品による補給も、厚生労働省が推奨しています。
葉酸を多く含む食べ物ですが、果物に限った話では、イチゴが代表的ですね。
あまり店頭では見かけませんが、ライチにも多くの葉酸が含まれていると有名です。または、アセロラやキウイフルーツ、意外なところでは柿にも葉酸は多く含まれています。柑橘類も葉酸が豊富な事で有名です。簡単に葉酸を摂取したい場合は、オレンジジュースで補うのもおススメです。
葉酸の摂取によって胎児の先天的な神経管障害が発症しにくくなることが認められています。
そのため、母胎のことを考えた葉酸の摂取を厚生省が推奨しているんです。
今では葉酸サプリや補助食品の充実も、葉酸の効果を裏付けているものだと言えますね。また、こうした食品の中には特定保健用食品に指定されているものもあります。
こうしたものは、安全性と有効性の高さから赤ちゃんのために、妊婦が摂取しているといった話もあるようです。
妊活の時に、友達が貸してくれた「産み分け」についての本を読んで勉強しました。
上の子が男の子でしたし、次の子は女の子が欲しいと考えていたからです。
本には排卵日の特定法や、タイミングの合わせ方についてのアドバイスが掲載されていたので、それを見ながら産み分けにチャレンジしたという訳です。
妊娠が発覚した後、赤ちゃんの性別を先生に確認するまでは期待と不安でドキドキしていました。
結果は無事に女の子を妊娠することが出来ました。妹が出来た、と家族で喜んでいます。
妊娠を希望する女性や、妊娠中の女性の健康をサポートしてくれるサプリと言えば、ピジョン株式会社のサプリだと言えます。
こちらの葉酸サプリはいくつかタイプがあり、それぞれの成分が異なっています。葉酸だけを配合したサプリもありますが、ほとんどの葉酸サプリに鉄分やビタミン、カルシウムなど妊婦や女性に嬉しい成分が含有されていて、これらの成分が一錠にまとめて詰め込まれています。
複数のサプリを飲む必要が無いので、手軽に十分な栄養素を摂取出来ます。管理も楽なので、おススメです。
ピジョンの葉酸サプリは、葉酸以外に含有した成分に特徴があるので、ご自身の生活や状況に照らし合わせ、不足しやすい栄養素を補給できるサプリを選択するとより効果が高いです。妊活中に、出来るだけ母体に良い食事をしようと考える方にとって、お茶などの飲料にも、妊活に良いものと悪いものがありますから、注意が必要です。
妊活中の女性がよく飲んでいるお茶の中でも、タンポポ茶ですとか、ルイボスティーが良いようです。これらはノンカフェインなので、いつ妊娠してもおかしくない妊活中の女性にも、胎児にも負担のかからない、優しいお茶だという事が分かります。
中でも、ルイボスティーには貧血を防ぐ効果があるという事ですので、妊活が終わった後も、飲み続けたいお茶だと言えます。
葉酸の摂取について、最も理想的なのは日常の食生活の中で摂取出来るのが良いと思います。
具体的に、葉酸を多く含む食品は、夏が旬のモロヘイヤですとか、小松菜、菜の花などを挙げることが出来るでしょう。また、他にも納豆や枝豆、ホタテもそうです。
ですが、こうした食材を毎日調理して食べるのが難しい方は、サプリメントなどの栄養補助食品の助けを借りるのも良いでしょう。
サプリによる葉酸の吸収率と体内利用率は、食事で得るものよりも効率が良いと言われていますし、サプリであれば毎日の摂取が負担にならずに摂取できます。
妊娠における葉酸の効果が認められてから、病院や産婦人科でも摂取が推奨されている事をご存知ですか?実際に葉酸サプリのサンプルを、産婦人科が配布する場合もあるそうですから、その効果のほどが伺えますね。
ですが、妊娠中に葉酸を意識していなかった、という方も少なく無いそうです。
もしも、サプリによる葉酸摂取無かったとしても、葉酸は自然の食品にも含有しています。
例えば肉類やホウレンソウなどの青菜類に多く含有していることで知られています。
なので、普通の食事を摂っていたならば、ある程度の葉酸は補給できています。妊活中や妊娠中の多くの方が、葉酸の名前を耳にしたことがあると思います。それもそのはずで、妊娠と葉酸は切り離せない関係の二つです。
それはつまり、妊娠初期に葉酸が不足すると、胎児の先天的異常の可能性が高まると言われているためなんですよね。
この話は当然、妊活中の女性にとっても、最も重要な栄養素であることは間違いありません。妊娠が分かった後、急いで今まで不足していた分の葉酸を摂取しようとても、あまり意味はありませんし、過剰摂取は禁物です。
そのため、妊娠しても問題の無い母体になるために、妊活中を始めた早めの段階で、食事やサプリによる葉酸の積極的な摂取をするのが良いでしょう。妊娠を希望している方や、妊娠を計画されている方に知って頂きたい話なのですが、この時期に気を付けるべき栄養素として、亜鉛の摂取を心がけてください。なぜかと言うと、亜鉛は卵巣に作用し、卵子が健康的に成熟するために、必要不可欠な栄養素であるからです。このような妊娠に嬉しい効果は女性だけに限った話ではありません。
男性側も、亜鉛を摂取することで、妊娠に高い効果があることが分かっています。
質の高い精子をつくることをサポートする効果があるのです。
妊活中の夫婦にとって、亜鉛は欠かすことの出来ない重要な栄養素です。
今ではサプリ等お手軽に摂取できる方法もありますから、ぜひご夫婦二人での亜鉛摂取をすすめてみてください。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です